お金を稼ぐためにオンラインミッションを送信する方法

お金を稼ぐためにオンラインミッションを送信する方法

 こちらは、武装召喚術を身につけただけの人間だ

人間相手には、完全無欠に殺意を向けることは、難しい

神人が人間との間で交渉を持つことなどありえないとわかっていても、敵であると理解しきっていても、人間である部分を見てしまうと、殺意を緩めてしまう

 特にリョハン出身の武装召喚師には、それが顕著だった

 彼らには、実戦経験が少ない

 リョハンは、ヴァシュタリア勢力圏内の独立都市であり、ヴァシュタリア共同体との間には協調関係が結ばれているといっても、過言ではない

ヴァシュタリアとリョハンの間で戦争が起きたのは約五十年前のことであり、独立戦争と呼ばれるその戦い以降、リョハンが人間の集団と戦争を構えたことは一度たりともなかった

最終戦争前夜、ヴァシュタリア軍に攻められたそうだが、それはマリク神の結界で事なきを得ている上、武装召喚師たちが投入されなかったため、考慮する必要はない

 リョハンの武装召喚師たちの戦闘経験というのは、訓練か、リョハン近郊に生息する皇魔討伐くらいのものであり、実際の戦場で人間を殺したことのある現役の武装召喚師は、きわめて少なかった

あなたも好きかも:オンラインで共有されているお金が本当であることは本当ですか?
五十年前の独立戦争に参加した武装召喚師たちは、実戦経験こそ豊富だが、高齢ということもあり、前線に出ることは少ない

隠居するか、後進の育成に当たるか、リョハンの運営に参加するか

いずれにせよ、前線に出る老人など、初代戦女神くらいだったのだ

 ミリュウは、戦死した隊員たちの墓を見つめながら、彼らの魂が安らかに眠ることを祈った

あなたも好きかも:バカラ 修理
ここからリョハンまで死体を持ち帰るには遠すぎるのだ

リョハンに住む家族のため、遺品を持ち帰ることは許可したが、死体はここに埋葬する他なかった

 想定外の出来事、とは言い切れない

 調査団は、リョハンの領域外――つまり、守護結界の外を調査するための組織だ

敵対的な人間、皇魔などとの戦闘の結果、命を落とすこともありうることは、組織の結成当初から口うるさくいわれていたことだったし、武装召喚師たちは、調査団に入るに当たって、覚悟を問われた